東日本大震災以降、水道水の安全性に関して関心を持つ方が大変増えています。

生活の基本、健康の源である水の安全性をより高めてくれるのが浄水器です。

ただし、一口に浄水器といってもさまざまなタイプや濾過の方法がありますのでそうした違いを知って安全でおいしい水を取り入れることが大切です。


もともとこのシステムは水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタン等の不要物質を除去したり、減少させるために使用するものです。

そのろ過装置の中には活性炭を使用したものや、セラミックなどのろ過膜を使ったもの、そして逆浸透膜などの装置があります。

多く使われているのが活性炭の吸着力を使用したもので、気になるカルキ臭さや残留塩素、そして有機物までを取り除くことができます。

ウォーターサーバーの価格サイトを見つけることができました。

さらにろ過膜などで細菌類やカビ類、水道管の劣化が原因で起こる赤錆などを除去する効果があります。

そしてまた用途のタイプでも分けることができます。



いま高い人気を誇っているのが水栓一体型です。

蛇口と浄水システムが一体かたしているのでコンパクトで場所を取らずに家庭仕様に便利なタイプとなっているのです。
そのほかにも蛇口直結タイプ、据え置きタイプ、アンダーシンクタイプ、ポットタイプなど用途に合わせてさまざまな浄水器を選ぶことができます。

大事なことは取り付けたあとの定期的なフィルター交換です。

美味しくて安全な水を使い続けるために常に生活なフィルターの仕様が大事なのです。